40代専業主婦が天職適職を求めてあがいている話など

普段一人に家にいて誰にも本音や弱音を言えないので、ここで言いたいと思います。「王様の耳はーーろばのみみーーー」と同じ用途です。

雨の日はやる気が出ない

6月13日火曜日その①

昨日はいろいろ外回れて気晴らしができたけど、こんな雨の日は憂うつだ。

 

暗いし寒いし、気分が沈む。

 

明日は天気が良ければ出かける予定を入れようと思うけど、なにしろそれを考えること自体面倒に思えるほど憂うつだ。

 

嗚呼いま自分のことしか考えないでいい環境だったら、なんとか仕事に就いてお金貯めて海外旅行に行きたい。見聞を広めたい。

そうできる時期にその必要性を全くと言っていいほど感じずその日が楽しければいいや、的なその日ぐらしをしてきたツケがいま回ってきているように思える。

 

いろんな場所にいっていろんな人に出会って、生きているって実感したい。

 

地球に生まれてよかった、って、地球の良さを肌で感じたい。

 

もっと若いときに気づきたかった。

 

若ければ、健康だったならば、独り身だったなら、お金があったなら、雨の日はそんなタラレバばっかり考えてさらに気分が沈む。

 

私が「したかったこと」、これはよくわかってる。 だけど、これからの私が「したいこと」がわからない。見つからない。

 

環境を変えてまで「したかったこと」を強行する気は無い。

だからいまの身の丈でできる、「したいこと」を探してる。

 

見つからない。

 

私は考えすぎの心配性で神経質だと思う。

もっと豪快にアバウトに気楽に生きたい。